天水田におけるイネ生産性向上のための土壌環境ならびに根系機能の解明

仲田 麻奈
(名古屋大学 高等研究院 特任助教)

2016年10月25日火曜日

津西高校 出前授業

10月21日(金)に、三重県立津西高等学校にて、出前授業をしてきました。
私にとって出前授業をするのは初めてで、準備や当日の講演など、大変勉強になり貴重な経験をさせていただきました。
高校生の皆さんは、これからの人生でいろんな可能性を秘めていて、夢と希望が無限大だと、ちょっと齢をとった私は思います。
私の授業に参加して、農学とくに私が研究しています、作物生産について、少しでも興味関心を持っていただけると嬉しく思います。今回は、イネの話をさせていただきましたが、いつも食べているご飯がどうやって作られているのか?世界中の国々ではどうやってコメを作っているのか?などなど、身近なところにライスサイエンスっていっぱいあるんですよ!!
今後機会があれば、大学のラボに来ていただいて、実際に研究している様子も体験していただけたらと思います。

イネの研究を始めて以来、いつも田んぼが目につきます。歩いていても、車を運転していても、電車に乗っていても、旅行に行っても、常に田んぼが気になってしまう私です。あと、スーパーにいくとお米売り場も気になって仕方がない。
自分が高校生の時には、そんなことは気にもかけなかったのに…。16~18歳の高校生の皆さんの10年後、20年後が楽しみですね。

出前授業に参加していただきました津西高校の皆さん、小倉さん、どうもありがとうございました。
素敵なお花もいただき、ありがとうございました。

2016年6月7日火曜日

よろしくお願いします

国際科学技術財団の2016年研究助成に採択されました、名古屋大学の仲田麻奈です。
このブログを通して、私の研究のことや日々感じたことなど、お伝えしたいと思います。

4/19、20に研究助成の贈呈式と日本国際賞の授賞式等に参加させていただき、大変貴重で有意義な時間を過ごすことができ、今後の研究の励みになりました。
それから、何を投稿しようかな・・・と思いながら、もう6月。とうとう梅雨入りまでしてしまいました。

さてさて、昨日は学内水田にて田植えをしました。これは、研究で使うイネの種子を増やすためで、食べる用ではありません。いつも研究室の皆さんと一緒に行います。田植えは、泥の中で上手く動けないので、バランスを上手に保ちながら、結構いい運動になるんですよ!
ということで、私の研究は、イネを対象にしています。これから、イネが成長するとともに、フィールドワークもどんどん増えていきます。田植えをしている私です。↓